いつも引かれる雑費って何のお金?

風俗で働く時にほとんどの場合「雑費」と言うものがついて来ます。

※「雑費」とはあなたのお給料から天引きされるものです。

雑費◯%や、雑費△円など店舗によってどの程度天引きされるのかは異なります。

◯%というのはその日稼いだお給料から◯%は雑費として引きますよということです。

例えば…

雑費が5%のお店だったとします。

あなたが稼いだ金額が8万円の場合下記の計算式で雑費はすぐに出ます。

(稼いだ金額80000円)×(雑費5%)=4000円

これが10%の場合(ソープなどは10%が多い)は80000円×10%=8000円ということです。

【問題】どちらの方が手取りが高いでしょうか?

A:60分のバックが10000円雑費が10%60000円稼いだ場合

B:60分のバックが9000円、雑費が5%58000円稼いだ場合

※バックの金額が高くても雑費が高ければその分手取りは低くなってしまいますので注意しましょう。

△円引きは1日△円引きますよというもの。これは何円〜何円がいくらとそれぞれ幅を設けている店舗が多く、稼いだ金額が多いと引かれるお金も増えるというパターンの物もあります。

例えば…

稼いだ金額が20000円までだと1000円

稼いだ金額が21000円〜40000円までだと2000円

稼いだ金額が40000円以上3000円

というふうにあなたが稼いだ金額に比例して雑費も上がります。

「雑費」って何のお金なの?

デリヘルやホテヘルの場合

  • 送迎や移動のガソリン代
  • ローション代
  • イソジン代
  • コスプレ衣装代
  • アダルトグッズ代

などetc

店舗型ヘルスやソープなど

  • 水光熱費
  • 部屋代
  • タオル代
  • イソジン代
  • ローション代
  • 衣装クリーニング代
  • コスプレやアダルトグッズ代

などetc

ソープの場合はお茶やコンドームをセット売りしている店もあり(完全キャスト用意の店もある)おしぼり代や水道代など店舗自体に経費がかかりますのでヘルスより高めの設定になっているのが一般的です。

日本の法律上本番は禁止です。そこで建前としてソープで行われる本番はお客さんと女の子の自由恋愛と言う事になっていますので、コンドームなどをお店が女性に支給してしまうと、性行為を仕事として強制していることになる為に女性が買っているというスタンスになります。

雑費無しのお店も少しずつ増えてはいますが、まだまだ少なく引かれ物で稼げないという女の子もいるでしょう。

「雑費」が少ない店舗をご希望の方はいつでもご相談ください♪






関連記事

いくら稼げるか知りたい!

あなたは出稼ぎで幾ら稼げる?10秒でできるお給料診断

出稼ぎ風俗あるある

風俗用語集 | オナクラ?メンズエステ?チャット?デリヘル

風俗店にも様々な種類がありますのでご紹介したいと思います。 風俗の用語集(業種編) 【オナニークラブ】 オナクラと呼ば…

おすすめ記事

風俗ハローワーク 風ハロ

風ハロ

デッカく稼ぐ!デカジョ!

デカジョ

失敗しない出稼ぎ風俗

失敗しない出稼ぎ風俗
ページ上部へ戻る